資産管理会社の機能

資産管理会社を立ち上げると、どんなことができるのでしょうか。

資産管理会社とは

資産管理会社とは、個人または家族の資産管理を目的としている会社法人をいいます。
プライベートカンパニーと言うこともあります。
株式会社や合同会社といった、会社の組成形式はどのような形でも取りえますし、税制や契約面等において通常の法人と基本的には変わりません。 資産管理会社の運営形態としては、法人自ら資産を保有する直接的な形態と、個人資産の運用・管理をする間接的な形態との、主に2つの運営形態に分けられます。 保有イメージ図、運営・管理イメージ図

敵から守る分身 人によっては、会社設立なんて、自分にはハードルも高いし、その必要もないという印象をもたれるかもしれません。
確かに、以前であれば、会社設立は一定の資本金や手続きを要するなど、少し敷居が高いものであり、資産管理会社の設立は、 もう少し資産規模の大きな方、たとえば、上場した創業オーナーが資産管理会社を立ち上げる・・・そんなイメージであるかもしれません。
ただ、今は設立・運営において、比較的簡便な会社形態である、合同会社(後述)という形態ができており、個人の資産管理会社設立は一般的になってきました。
サラリーマンの資産規模でも会社設立によって、家計を守ることができる時代なのです。
また角度を変えれば、資産管理会社の設立とは、別人格を作ることだと言い換えることができるかもしれません。
特に意思決定がご自身のみの会社、つまり役員が自分一人の会社であれば、まさに分身と言ってもよいでしょう。
個人と法人でそれぞれに異なるアプローチを使って、家計を守るという目的へ向かうことができるのです。

このページの先頭へ